TOPTERA ≫ めっちゃくそ重かった

めっちゃくそ重かった







この1週間くらいかなー? TERAがものっそい重かったんですよね。


フィールドでアイテム使っても1秒くらい反応なかったり、一瞬かたまったり、ID中には重すぎてロックできないとか、歩いただけで画面固まるとか、もう散々でした。


バンスタとか呪い受けに行って離れる時に固まって、まじドーナツ死ぬかとおもた。


プリセもずっと4で快適だったんですけど、1にしても固まるという事態。


せっかくPCを新調していいグラフィックでプレイしていたのに、まじストレスマッハだった。


というわけで、かなりいろいろ試したんでそれを書いていこうかなーと。











1.ディスク クリーンアップ


重いなと感じたら真っ先にするやつですねー


前のPCではこれでよくなったりもしたんですけど、今回は特に変わりませんでした。




2.TERA ファイルチェック


特にry






ここまでして特にかわらずー


セキュリティの方を見に行くことに。






3.マカフィーリブセーフの機能を使ってみる


PCに最初からマカフィーリブセーフが入ってたんで、それの機能をいろいろ使ってみた。


 1)クイッククリーン

    不要ファイルを削除してPCの処理スピードを改善する。らしい。

 2)最適化プログラム

    ディスクのストレージ領域の使用状況を最適化し、PCの処理スピードを改善する。らしい。

 3)リアルタイムスキャンの除外

    TERAのファイルを除外対象に入れてみる。こちらの情報を参考にした→【TERA公式質問掲示板
    リアルタイムスキャンではファイルの指定しかできなかったので、掲示板で書いてくださってるファイルを追加しました。

 4)スケジュールスキャンの除外

    こちらはフォルダの指定ができたので、TERAが入っているフォルダを追加。








ここまでして、まだちょっと重いけどだいぶ軽くなったって感じでした。


全部一気にしたんでどれが効果があるとかははっきりとはわからないんですけど、掲示板の反応を見てもたぶん除外設定が大きかったのかなーと思います。


その後、ギルメンが教えてくれたのでまた別のを試してみる。






4.iniの不具合


これはねーーーー、1番効きそうだなと思ったけど知識皆無な私にはいじるのはちょっと難しいなと思ってやりませんでした。


なんかファイルのスペルが間違ってるとかなんとか?


コンフィングファイルに不具合があるのではと言われたけど、その不具合ファイルを見つけることすらできませんでした。


なんか、BackGround が BackGorund とかに間違ってるとか。


よくわからんかった(´・ω・`)






5.グラボの更新


グラボのドライバーを最新のものに更新してみた。


シャドウプレイを入れたときにこれでTERAを最適化していたので、もしかしたら?ってことで教えてくれた。






6.セキュリティソフトを変える


これは最終手段な気もするが・・・


PCにもともとマカフィーリブセーフの体験版が入ってて、あと2週間で切れちゃうのでちょうどいいと思ってWindows Defenderに変えました。


参考にさせてもらったのはこちらのサイト→【Windows8/8.1「McAfee」を「Windows Defender」に切り替える


前のPCにもマカフィーが入ってたんですけど、そのときも重いーって話をしたらマカフィーは重いって言われましたねえ。


サイトの手順にそってディフェンダーに変更したあと、リアルタイムスキャンの除外設定を行いました。








ここまで終わってログインしてみたところ・・・!


一歩動いただけで違って !?!?!? ってなりました。


ぬるぬるが戻ってきたぞおおおおおおおおおおおお


まだIDには行ってないので分かりませんけどね!


いろいろ試したけど、5番と6番をしたあとにログインしたのが劇的に変わったなーという感じでした。


重すぎるとまじやる気削がれますからね・・・


これでIDでもぬるぬる動けることを祈ります。


 
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
TERAは鯖が重いのが一番の原因 後は回線かな もちろんスペックもあるけどそこはクリアしてそう
2016年02月09日(Tue) 14:54
返信
編集
>りんちょ
さば重いのってユーザー側は何もできないよね・・・w
スペックはクリアしてると思うなぁ、回線はちょいびみょいかも
2016年02月13日(Sat) 17:39












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL