TOPリアル ≫ ポンペイ

ポンペイ










昨日だったかなぁ、イタリアの世界遺産のポンペイについて調べてまして。


そのときに、バイオハザードの監督がポンペイを舞台にした映画を公開してるって見て、いてもたってもいられず見てきちゃいました。


大々的に宣伝はしてないのかな? そんな映画あること知らなかったや







ちなみにポンペイって、ローマの南に位置する港町で、火山の噴火によって灰に埋もれてしまった町なんですねー


埋もれる前はブドウの栽培がさかんで、性的なお店が流行っている賑やかなところだったみたいです。


噴火によって一気に5mもの灰をかぶったので、当時の様子がそのまま埋もっていたよう。


しかも灰ってシリカゲル(乾燥剤)と似たような成分で湿気を吸い取ってくれるので、中の様子はかなり保存状態よかったみたいです。


噴火があったのは午後1時。食卓には食器がならび、食べ物が乗っていた気配もあるみたいです。


灰が死体の上からかぶさって、中の死体が腐ってなくなり空洞になり、そこへコンクリート?を流し込むことで、人々の最後の様子を現世に復元することにも成功したみたいです。







ローマが繁栄していた遠い昔の様子をそのまま残しているポンペイが、わたくし大好きでして~


しかも映画の監督はバイオハザードの人!


みない理由がどこにある!!!




↓↓↓以下、ネタバレ含みます↓↓↓
































あらすじ

ローマ人に一族を滅ぼされたケルト人騎馬族の生き残りで、奴隷となりグラディエーターとして成長したマイロは、ポンペイの有力者の娘カッシアと出会い、身分の差を乗り越え恋におちる。

しかし、カッシアは、かつてマイロの家族を殺したローマの上院議員コルヴスに婚約を迫られていた。

やがて自由の身になったマイロが街を離れようとしたとき、ベスビオ山が噴火。マイロは愛するカッシアを救うため、溶岩が迫りくる街へと舞い戻る。



いやねーー、マイロまじかっこいいんすわー


馬に乗って駆ける姿とかやばいよね!!


闘う姿もええけども!!


これ見てるとマジ愛ってええなと思います(


ラストは若干複雑な気分ですが、当時のポンペイがどんなものだったのか想像しやすくてよかったんじゃないかと思います。


時代背景とかまじ私の好みにドンピシャですからね! あのロケ地に踏み入れたかった!!


ポンペイ自体については事前に調べてたし、闘技場についてはワンピースで登場したりしていたので、個人的におおおっ!と引き込まれる要素満載でした。






いやー、ええわぁ


私はラインに全く興味ないから連絡程度にしか使わないから、話が続かないんですよねー すぐ飽きるし。


もうすぐ別れて1年になるけど、まぁそのうちいい人に出会えたらいいなと思います(笑)


スポンサーサイト

Comment

編集
これが…愛の力か…
現実にはもうなにも望むまい
いい人(二次元)
愛(二次元への)



ポンペイを舞台にした映画タイトルがポンペイで笑った。ポンペイがゲシュタルト崩壊した。

私のポンペイけっこうつおいお
いやいや、私のポンペイのがつおい

いや、コメントが適当すぎるwww

あかんあかん。真面目にせねば。

えーと、ポンペイ




いやまあ、ラインはするもんじゃないね。メールくらいが丁度良いのよ。既読とか出るのがだるいし。




2014年06月28日(Sat) 03:19
返信
編集
>あろさん
もはや意味が分からないwwwwww

でも見なかったら見なかったで置いてかれるんだけどねー、グループとかだと。
私いつも情報遅れる\(^o^)/
2014年06月29日(Sun) 13:27












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL