TOPTERA ≫ TERAの0xE019100B解決方法(体験談より)

TERAの0xE019100B解決方法(体験談より)



XIGNCODE(ザインコード)で検索してブログに来てくださってる方が多数おられるようです。


なので軽く、私がひっかかったときの解決方法をまとめておこうと思います。




○マカフィーを消す


1回目のザインコード事件は、マカフィー系のソフトを消すことで解決しました。「McAfee Security Scan Plus」というもの。


そのときはアンインストールするのではなく、タスクマネージャーでいったん終了させてからTERAを起動してました。


後日、フレに教えてもらったソフトに変えて完全に削除。







○タスクバーの整理


2回目の事件では、いろんなこと試したのでどれが効果的だったかはわからないのですが
1番有効そうなのは、タスクバーの整理かな。


バンディカムとかニコエンコとかをタスクバーにピン留めしてて、動画系だからやばいかなーとのことでした。


ただ私はWin8なので、あんま参考にならなかったらごめんなさい(´・ω・`)


 
スポンサーサイト

Comment

編集
アクセス経路って解析できたんだ()
XIGNCODEの解消法色々ありすぎるんだよね

一部のドライバが古い(主にグラ系)のが原因だとか
タスクや裏で動いてるLogiとかのツールとかに反応したり
ひとりそれでINできてないからどうするんだよ状態

ちなみに、私みたいに本当に原因不明の時もある(笑)
2014年03月08日(Sat) 20:21
返信
編集
>もにー
ふふふ、私には分かるのだよ!(*゚ー゚)

ザインコードって不正ツール防止のやつよね? なのにそれ以外で引っかかること多すぎな気がするw
2014年03月10日(Mon) 11:57












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL